【競馬伝説Live!・アスコット鯖】のんびりまったり馬主会   「大人倶楽部」


by c-otona
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【マニュアル03】~競争馬の育て方~

このゲームに於いて、馬の能力を上げる(調教する)ことは、特に早熟馬については時間との戦いです。モタモタしていると、能力が仕上がる前に成長のピークを過ぎてしまいます。そうなったら、折角の素質馬も活躍できません。どう調教してどう出走するか、は重要な課題です。

調教の基本は疲労を溜めないことです。疲労が溜まったら連続して調教をし難くなりますし、レースにも悪影響を与えます。調教内容は出来るだけハードなものが良いのですが、それと疲労回復(加えて体重維持)を両立させる為に、各自レベルや施設状況に合わせて工夫することが必要です。以下に調教パターンの一例を示します。
  1週目  坂路単一杯   ウッド単直一
  2週目  ウッド単一杯   坂路単直一
  以下繰り返し・・・
Lv.7の設備があれば、このパターンに蜂蜜アイスの組み合わせで完全に疲労と体重を管理できるでしょう。これを基本形とし、例えば放牧直後で体重に余裕のある時はより厳しく一杯2本とか芝・ダートを入れてみるとか、近況メールでスピードが仕上がったことが確認できた場合は坂路を止めてみるとか、いろいろなやり方が考えられます。

リミッターがかかっていてロケットスタートも習得済の場合、通常の調教では能力はそれ以上伸びません(全能力が仕上がっている場合も同様です)。そういう場合、調子を整えた上で出走できる能力があれば出走させ、調子落ちで短期放牧・・・という手順になります。能力不足で出生できない場合はそのまま放牧です。いずれの場合も、放牧前に併せ調教を試してみてもいいでしょう。運が良ければ能力の器が上がります。

出走の仕方にも注意が必要です。何故なら、出走するということはその分調教本数が減るということだからです。全く勝ち目のない出走は、馬が完全に出来上がっているケースや騎手育成の為にやっている場合は良いとしても、それ以外の場合は無意味です。基準タイム表を活用しましょう。あと、折角出走させるのなら、出来るだけ馬の能力を発揮させてあげましょう。調子は☆、体重はベスト体重で、疲労は極力ゼロで出してあげましょう。それらの条件を外せば悪紛れの可能性が大きくなります。勝てるレースはきちんと勝っておくことが大切です。
[PR]
by c-otona | 2007-06-03 11:24 | マニュアル